FC2ブログ

乙女ゲームを作っています。

制作中

塗り練習2・天チョコあとがき

師匠とキリリ

物凄く久しぶりに師匠。火の化身が寒がるかはともかく、冬の膨らんだ鳥はかわいい。
こちらの塗り講座を真似て、透明感のある塗りを目指しました。
問題はキラキラツヤツヤの雰囲気が、師匠に合わないことでしょうか。
10近く下の女の子に荷物押し付けたり、獣の巣漁りを押し付けたり、機嫌が悪いと無理難題をいいつけたりしますから、この大人げない人は。
エイトあたりはこの塗り方が合うんじゃないかと思ったり。
天チョコ製作で、短期制作物は自分で絵を描かないとダメっぽいと気付いたので、たまには練習しようと思います。

拍手ありがとうございます!
続きから、拍手返信と、天チョコについてつらつら語ってみます。
プレイ済み、さらに設定とかに興味のある方はお付き合い下さい。


拍手の返信は一番下です。

天チョコについて。
制作日は去年の8月のシナリオです。気が早過ぎる。
案の定、すっかり忘れていて2月に入ってから気付き、しばらく迷ってから、ワカメゲーを共同製作中の織吾さんに許可をとって作りました。
照れエイトが描きたくて作ったようなゲームです。本編じゃ彼は全然動じませんでしたから。
個人的に好きなのは本のエピソードです。当時の解説付きでシェイクスピアとか読んでみたい。
一応ED1がエイトルートに通じていますが、このバレンタイン以外でもいずれアユミはエイトの趣味に気付いて、一緒に読書をする習慣が出来るようになります。
ED1以外は、多分ずっと一緒にいる間に起こるんじゃないかと思います。

キャラクターについて。
・主人公(アユミ)15歳。
本編とあまり変わらない性格ですが、一応、怪人に対してそこまできつくなかったり、戦闘面はまだそんなに自信がなかったりします。
エイトに対してさり気なく熱烈なアタックを繰り返していますが、無反応すぎて年々その勢いは落ちています。
・エイト
アユミの担当になって3年目。実はもう結構アユミが好きですが、その気持ちが報われることがないこともわかっているので、アユミからのアプローチはことごとくスルーし続けています。
ただ、あまりに真剣に力技でアタックされると、完全には避けきれない時もあったり。
ED1のアレは諦めさせるつもりで言ったので、決してあんなプレイを狙ったわけではないです。
少なくとも最初は。

公開後遊んでみて気付いたのが、途中でアユミの年齢を中1→中3に変えたせいで、春休みの宿題とか一部話題の辻褄が合わなくなってたことです。アレです、アユミの行っている学校は中高一貫で、受験も無ければ宿題の繰越だってできちゃうんだと思います。山プーはわざわざ高校まで宿題を返しに来てくれる非常に熱心な教師なんです、はい。

何故天チョコ本体にあとがきやキャラ紹介がないのかというと、時間がなかったのと、そのせいか不吉な内容をうまく削れなかったからです。
プレイしていて疑問に思った人もいるかもしれません。
何故アユミは大好きなエイトの、自分以外に触れない・見えないの法則をしょっちゅう忘れるのか?
8年後のエイトは、妙に明るすぎ・浮かれすぎじゃないか?
この辺りは結構クリティカルに重い背景があったりします。
せっかく明るく甘々な雰囲気なのに、最後に水をさしたくないなあと思って、いっそ全部なしにしました。
その辺りは「天使のいた夏、終わりの夏」で明かせるかもしれません。製作は未定です…(´∀`;)

以上、長々と語らせていただきました。
とりあえず自分が遊んで楽しいゲームになったので満足です。肉食系ショタ最高。
これからは、またワカメゲーの製作に戻ります。

 

拍手ありがとうございました!返信です。


02/21
> 天使にチョコレート、プレイしました!~ の方

プレイありがとうございます!
楽しんでいただけて嬉しいです。
ED1から8年後のあれは、どこまで描写しようか悩みながら書いたので、
きゅんとしてもらえてよかったです(´∀`*)
前作は結構不意打ちでしたから…。そう言われると作者としては嬉しいです。
応援&感想ありがとうございました!

  1. 2014年02月22日 02:26 |
  2. 雑記